表札について詳しく知りたくないですか?表札の知識をご紹介しています。

表札解体新書

表札への思い入れ

表札への思い入れを皆さんは持っていますか?ちなみに私はありませんでした。
ただ家の前に自分の苗字を閉めて、「ここが自分のうちです。」っていう紹介している看板ぐらいにしか考えていませんでした。(笑)
そんな中、今では沢山の表札を取り扱った通販専門店などもあります。 しかし、日本は古来より表札への思い入れが強い国なのです。
確かに表札への思い入れというものは、お国柄や世代によって全然違いがあるのですが、日本では古来から表札は、“男の勲章”とも言われていたそうです。(男の勲章をただの紹介看板扱いした自分って…)
一戸建ての住宅をもらったりした場合などは、どんな表札でこの家を表そうかと思い悩んで掲げていたそうです。
そして最終的には世界に一枚だけのオリジナル表札に辿り着いたんだとか。。。
ちなみに本やWebページで表札を調べてみると、表札は家庭の内情や住人の性格を表すものだとか書かれています。
自分の存在を、内側の部分から外側の部分まで、一気に 認識させることができ、外から自分の家への唯一の公的表示であるのです。それぞれの家庭に一つ掲げられている表札をみるだけで、各家庭の個性や運命を知ることができるものだと言える、らしいのですが、自分の家の表札を見てもさっぱり分かりませんでした。
また、表札を掛ける位置ひとつにとってもいろいろと決まりごと的なものがありまして、洋風の玄関なら向かって右側への配置、和風ならば向かって左側への配置がが原則となっています。それと、家の玄関に対して右側に掛けると「女性」の気運を高め、左側に掛けると「男性」の気運を高めるそうです。(気になった方はさっそく表札へGO!)


しかも、表札を掛ける時期(取り替える時期)というのもあるらしく、なんでも古来から表札を掛ける時期(取り替える時期)は、「季節の変わり目に行うこと」と言われています。何故かというと、身体の変調(風邪など)も季節の変わり目に起こるのと同じく、運勢の変調も季節に変わり目に起こるからだといわれています。
とまあ、調べだしたら風水との関係や他にも数え切れないほどあれこれと表札のことが出てきました。
たかが表札、されど表札、表札のことについては世の中いろいろとあるみたいで、こっちも調べてみて面白そうなので、表札についてあれこれ調べてみました。
最近家を購入したご主人様やこれから家を買う方々の表札についての情報になればと思います。ぜひ、ためになりそうならご活用してみてください。
当サイトの表札(トップページ)だけを見て帰らないよう、ぜひぜひ宜しくお願いいたします。

表札の様々な形

表札にも様々な形があると思います。
良く見かけるものと言えば、苗字だけをどーん大きく書いたものや、主人の名前を堂々と書いたものだったり、微笑ましいのは家族の名前が全員入っていたりなどなど(家族の名前を全員書くと泥棒の事前調査に使われるので注意!)色々ありますね。
最近では、石や木を使って一風変わった表札を作ったり、ガラスや、ステンレスなどの素材を使用し、デザインやモダンなテイスト溢れるものなど、多様なニーズに応えた商品が多数存在しています。
リフォームを行った際に、そのリフォーム記念に、新たに表札を作って家の前に掲げることもありますし、また、そのリフォームが内装や外装にこだわって、表札がいまいちリフォーム後の家と会わないので、その内外装にあわせたモダンなデザインにするようなこともあると思います。
また、表札を自作する人の人口も増えてきています。紙をラミネートしたものから、本格的に石を削って名前を彫るような凝った人もインターネットなどで情報を探すと出てきますね。
もちろん、今まで引き継がれた伝統で、木や石の中でも高級な素材を使い、職人によって製作された一流品などは貫禄があってすばらしいです。
近年でのネットで通販を覗いてみると、実に多彩な表札の種類があり、どのような表札を選ぶのかという選択肢が実に数多く存在していてうれしい限りです。
皆さんの家の表札はどのような表札ですか?表札は皆さんの住まいにとって、自分で選び抜いた表札はきっと”大事な顔”となってくれることでしょう。

pickup

責任能力ある総院長が陰茎・亀頭増大を担当する専門院です。

亀頭増大

システムの利用方法がわかりやすく解説されています。

EPARK歯科

お宮参りの写真撮影をお考えでしたらご相談ください。

お宮参り 写真 横浜

Last update:2017/9/29

↑ページ先頭へ