表札について詳しく知りたくないですか?表札の知識をご紹介しています。

表札の歴史

表札の歴史をさかのぼる

表札の歴史をさかのぼって行きましょう。いったいいつの時代から表札が各家庭の家に掲げられるようになったのでしょうか?
時代劇のテレビなどを見てみても、越後屋とかだんご屋や酒屋などの店の看板は掲げられていますが、表札がかかっているのを見たことは無いですね。(まぁテレビ的に必要がないだけかもしれませんが)
実際、いつ頃から表札が掲げられたのルーツを探ってみましょう!

苗字と表札


実は、庶民が表札を掲げ始めたのは、それほど古くからあるものではなく、本格的に表札が普及し始めたのは、大正12年9月の関東大震災以後といわれているのです。表札の歴史をさかのぼると苗字(名字・姓)との関連無しに語れませんので、時代は豊臣秀吉が統治していた頃までさかのぼります。秀吉は刀狩・検地等で農民を管理した政治を行い、徳川時代になって士農工商の身分制度が固定し、武士以外の者が苗字を持ったり、帯刀を禁じていました。その制度が長く続き、明治3年の太政官布告で「平民も苗字を名乗ってもよろしい」とされるまで庶民は苗字の無い時期が続きました。(だから時代劇では下の名前ばかりで呼ばれていたんですね。)
明治8年には、徴税、徴兵のため、義務として苗字を名乗るよう太政官布告が出され、全国民が苗字を持つことになりました。

庶民の表札 

庶民の表札は、苗字を名乗ることが義務付けられても、一般庶民にはほとんど無関係で、明治中頃の郵便配達制がはじまって配達先が分かるように多少増えた程度だったようです。
当時の庶民の住まいの多くは長屋で、長屋の入口に住民の一覧が木札で貼り出されていたのが、庶民的な表札だったようです。又、住人の移動や転居もほとんどなかったようです。
庶民の表札が広まったのは、日清・日露戦争に徴兵された兵士の家に「皇軍兵士を送った家 鈴木○○」見たいな貼り紙を出した頃から、皆がこれに習って姓名を玄関に書き出す風習が広まったと言われております。 その後、関東大震災で家が倒壊した家庭の人たちが住宅の建て直しを行う時に、住宅と表札はセットのものとなり、今に至ってきています。

庶民以外の表札

明治・大正時代の庶民にはほとんど必要のなかった表札ですが、ではその前の江戸時代はというと、商家には看板が、武家屋敷には姓のみの表札が掲げられていました。又、大きな商家の別荘や別宅には、妾の家が多く、小ぶりな表札がかかっていたそうです。簡単にいうと不倫相手を囲う家に、小ぶりな表札を掲げていたってことでしょうか(笑)

当時の関東と関西の表札の違い

江戸の庶民は小ぶりな表札を粋(いき)と感じていたため、関東の表札は関西に比して小さなものとなっており、一方、関西のほうは、全国の大名は大阪に蔵屋敷を持ち、地元の産品をここで換金していました。(さすがあきんどの町)
この蔵屋敷が堂島から北浜にかけて集中し、権勢を競うように屋敷の規模の張り合いに生じて、表札も一緒に大振りなものなっていったと言われています。関西ではこの諸大名の蔵屋敷の大きい表札にならったといわれます。
ちなみに現在では、材料の規格化が進んでおり、関西型は関東型より幅広で、一般的に天然石表札では、関東型は約200×83ミリ、関西型は約180×90ミリです。

注目サイト

通信費を経費削減する

Last update:2017/6/23

↑ページ先頭へ